Top | RSS | Admin

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10


スポンサーサイト ++++++++ スポンサー広告

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| top▲


左手がぁぁぁぁぁぁ! ++++++++ ダイビング

2005/12/31 20:59

こんばんは、ここのぬしです。

2005年も残すところ3時間とちょっと。
K-1が始まるまでの間、
紅白をBGMにキーボード叩いてますが、なにか?

さて、
今年最後の記事は、記念すべきダイビングネタ!

みなさん、前回の記事の最後の1フレーズ覚えてますか?

そう・・
年末の不幸は1度だけでは済まなかったわけで。

それは昨日、ダイビング中に起きたんですよ。。

俺にとって、またガイドをお願いした馴染みの
ダイビングサービスにとっても潜り納めとなるんでね、
それなりにいい形で潜り納めたかったんですよ、お互いに。

それにこの日は、運よくガイドさんを独占できる環境。
更には水のきれいなこのシーズン、
海をも独占したいと思うのが人間欲でして。

ということで1本目は、
他のサービスが向かう流れに逆らうように、
場所の離れた癒し系ポイントに。
他のゲストを気にすることなく、
大好きなまったりダイブを満喫できそうです。

・・が!
その想いは見事に打ち砕かれたわけで。。


単刀直入にいいますと・・


サメに噛まれました!


厳密にはカスザメというエイに似たサメ。
普段は砂地に隠れちゃう擬態がお得意な生き物。


エントリーして15分が経った頃でしょうか。
ガイドさん、砂地にてカスザメハッケーン!

デジカメを持参していた俺のため、
刺激させないように尾っぽの方から砂を払ってくれてます。

一方で、頃合を見計らってカメラアングル確保のため前方へ回る俺。。

・・ではなかった!!

なんの警戒心もなく回ってはいましたがね、前方に・・

それは砂を払うために!!


後から聞いた話、この時点でガイドさんは、

(写真を撮るために移動した)

と認識しきっていたらしいですよ。

そんな中、サッと一払い・・

「あっスカした。」

この時のガイドさん。

(何してるのー!?)

そこは、声の届かない水中世界。
ガイドさんの仲裁はそこでは無力でした。
↑表現が過ぎているかも・・スイマセンm(_ _)m

ということで俺はその仲裁には気付くことなくもう一払い。

その刹那、
俺の左手首までズッポリとカスザメの口の中。
もう一瞬の出来事でしたねー。
それはそれはパニくる余裕もないくらいw
実際、かなり落ち着いていましたけどね。
ガイドさんの目にもそう映っていたみたいですから。
とりあえずずっと噛まれてるのも平常心を保てるか疑問だったし、
腕を数回振ってカスザメを振りほどきましたが。。

ダイビング中、俺はグローブを着用することを嫌うのですが。。 

本来、ダイビング中にはグローブを着用するように
講習を受けるんです。
それは、保温効果はもちろんの事、
岩などの地形から身を守る効果を期待するため、
と俺は認識していたのですが。。

・・違っていた!!

サメなど海の生き物から身を守るためにもグローブは必要なのだと!

・・
・・・

・・話を元に戻しますと、
噛まれた箇所から(水中では)緑色(に見える)真っ赤な血が・・。


・・
・・・


陸に上がった後は、止血して大事のため病院に行きましてね。
診察結果は・・化膿しないように一日一回はイソジンを、との事。
個人差もあるみたいですが、症状としてはその程度なんです。

それはそれは俺にとって、またお世話になったダイビングサービス
にとって、いい形での潜り納めとは呼べないまでも・・
ときめきメモリアルな(?)ダイビングとなったわけですよ。


最後にこれだけは言っておかないと・・
これは俺の不適切な行動から起きた、
結果からいえば珍事件であって、
ガイドさんには責任ひとつないという事。

責任はすべて・・稀に見る、軽率な行動をした俺にある!


カスザメの写真・生態など知りたい方のために
リンク貼っておきますね。
下のリンク先からどうぞ。
カスザメ紹介ページ
提供元は
e-Photography


ポチッと押してランキングの確認してくださいな。
人気blogランキング

→ more・・ ・
スポンサーサイト

テーマ=ダイビング - ジャンル=スポーツ

| ひとり関心空間に共感(10) | top▲




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。